Ⅲ 乾燥

 

Ⅲ 乾燥

 

 

荒木取りから

 

自然乾燥させて10日間

 

 

荒木取りから乾燥の期間を設けるのには、

 

理由があります。

 

 

無垢の木の中には、人間と同様に水分がたくさんある

 

 

多くの水分が一気に抜けることによって、

伸縮が起こり

割れや反りが出てきてしまう。

そんな動きを減らすために『 乾燥 』が必要なのです。

 

 

木の水分量 = 含水率は、自然に生えている立ち木で150%から200%あると言われております。

 

自然乾燥や人工乾燥で20%程度までに水分を落とした状態にした無垢の木を

 

家具屋イヱノでは使用しております。

 

  

 

 伐採されてから、ずっと乾燥を続け、

長さ・厚さ方向ともに含水率のムラをなくし、

一定の温度、湿度の条件の中に長時間乾燥し、木が最も気分良く安定する含水率を 『 平衡含水率 』といい、

 

 

日本における平衡含水率は、

 

屋外で15%

屋内は12%

 

日本の室内と同じ12%前後にすることで

 

人とともに無垢の木も穏やかに生活ができます。

 

 

急に水分を抜いたら、割れや反りもでますし、

気分を損ねてしまいます。

 

ですので、

荒木取りしてからも時間をおき、

 

ゆっくりと

じっくり

 

室内と同じ環境に馴染むよう乾燥させます。

 

 

この時間こそが、

 

永く使える無垢の木の家具にはとても有意義なものとなります。

 

 

伐採されてもなお

 

無垢の木は、生きている

 

 と言われる所以

 

 

そんな乾燥期間を経て

本製作がスタートとなります。

 

 

*自然乾燥と人工乾燥の話はまたの機会で。